慈眼寺
所在地 埼玉県さいたま市西区水判土
遺構 消滅
現状 慈眼寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 岩槻太田氏が慈眼寺を砦として利用する
永禄5年(1562) 北条氏により慈眼寺が焼き払われる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 荒川と鴨川に突き出した台地上にある慈眼寺は戦国時代に岩槻太田氏によって城砦化されていました。そのために北条氏により焼き討ちされてしまいました。堀ノ内という地名が残っていたことを考慮すると古くからあった豪族の居館が水判土館だったのかもしれません。慈眼寺は立派な山門と伽藍を有する寺院ですが、その地形以外に往時を偲べるものはありませんでした。
2002/03/12
 
公共交通機関 地図リンク
JR新幹線・埼京線・高崎線・宇都宮線・東武野田線「大宮」下車
西武バス「指扇」行きで「水判土」下車
慈眼寺までは徒歩5分程度