福田稲荷
所在地 埼玉県さいたま市西区高木
遺構 消滅
現状 福田稲荷
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
江戸時代初期 福田又左衛門惟康が屋敷を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
陣屋跡 地形の起伏 土塁
 
 豊臣氏の家臣福田惟康が関ヶ原合戦後に武蔵で土着したときの屋敷といいます。なぜ福田氏が武蔵へ移住したかはわかりません。豊臣氏の直臣であれば大坂城に残って秀頼に仕えるという選択肢はなかったのでしょうか。その経緯がわからないまま現地を訪れてみましたが、謎を解き明かすことは叶いませんでした。農地が広がる中に福田稲荷ふるさとの森の案内板が設置されていたので場所はすぐにわかりました。福田家の好意により散策することが可能となっており、土塁の一部が残っています。
2008/01/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR川越線「指扇」下車
東武バス「宮原駅」行きで「指扇団地」下車
陣屋跡までは徒歩15分程度