福田稲荷
別 称  
所在地 埼玉県さいたま市西区高木
遺 構 土塁
現 状 福田稲荷ふるさとの森
目標物 案内板
史跡指定  
訪問日 2008/01/26
 
江戸時代初期 豊臣家の旧臣福田又左衛門惟康が屋敷を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
JR川越線「指扇」下車
東武バス「宮原駅」行きで「指扇団地」下車 徒歩15分
 
 
福田陣屋跡 陣屋跡の地形 陣屋跡の地形
 
 関ヶ原の戦いが終わると豊臣家の家臣だった福田又左衛門惟康は武蔵国に土着して屋敷を構えたという。天下は徳川家康の手に移ったとはいえ、豊臣秀頼はまだ健在だったが、惟康がなぜ武蔵へ移住したかはわからない。豊臣家の前途に見切りをつけたのか、家中で諍いでもあったのか知らないが、武士を棄てて指扇付近の開拓に従事したという。
 武士階級ではなかったが、苗字帯刀が許されるような豪農だったと思う。そのために陣屋という尊称で呼ばれていたのだろう。農地が広がる中に福田稲荷ふるさとの森があり、福田家の好意により自由に散策することができる。低い台地となっている陣屋跡には土塁と思われる遺構が残っていた。