高野陣屋
 
 
西側の空堀
所在地 埼玉県さいたま市西区高木
遺構 空堀
現状 淡島神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 金子彦十郎が居城する
江戸時代初期 高野隼人が屋敷を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
金子山城跡 淡島神社 空堀
 
 指扇駅の北を走る西大宮バイパスを越えたところに淡島神社があります。ここは室町時代に金子彦十郎が居城とした金子山城跡とされています。村山党の金子氏の末裔と考えて間違いないでしょうが、河越氏と争った金子氏は滅亡したと伝えられています。ただ、河越氏は室町時代のはじめに武州平一揆で滅んでいますから、金子山城の歴史はもう少し前まで遡るのではないでしょうか。江戸時代初期には豊臣氏の旧臣高野隼人が金子山城跡を居館として暮らしたということです。淡島陣屋のすぐ近くに福田稲荷ふるさとの森がありますが、ここも豊臣氏に仕えていた福田氏が居住した場所です。付近に豊臣旧臣が移住してきたのかはわかりません。
 淡島神社のある台地は真ん中に宅地が建ち分断されたようなかたちになっています。神社の西側に空堀が残っていますが、これが金子山城の唯一の遺構とされています。
2015/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
JR川越線「指扇」下車
東武バス「宮原駅西口」行きで「高木団地」下車
城跡までは徒歩10分程度