伊達陣屋
 
 
土塁
所在地 埼玉県さいたま市見沼区大和田町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
戦国時代 伊達房実が居館を構える
天正18年(1590) 北条氏滅亡後、房実は250石で徳川家康に召し抱えられる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
土塁 土塁 土塁
 
 岩槻太田氏の家老伊達与兵衛房実の居館跡であり、主家滅亡後も徳川家康に召し出され再びこの地を拝領しました。北側には居城であった伊達城があります。大和田陣屋は宅地を囲む土塁がよく残っていました。案内板も設置されて末永く保存されるものと思っていましたが、土地所有者が変わったのでしょうか、新しい家が建ち始めて遺構が破壊されてしまいました。土塁がすべて破壊されたかは現地を確認していないためわかりませんが、最新の航空写真を見る限りだと何も残らないのではないかと思われます。500年近く残ってきたものをなぜ破壊するのでしょうね。遺構を活用した歴史公園にでもすれば良いと思うのですが、この愚挙には開いた口が塞がりません。
2008/10/30
 
公共交通機関 地図リンク
東武野田線「大和田」下車
陣屋跡までは徒歩20分程度