城跡の祠
所在地 埼玉県さいたま市見沼区大和田町
遺構 消滅
現状 介護施設
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
永禄3年(1560) 伊達与兵衛房実が居城する
天正18年(1590) 岩槻太田氏滅亡により廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
 
 
伊達城跡 城跡の現況 城跡からの眺望
 
 伊達城は永禄3年(1560)に岩槻城の砦として寿能城とともに築かれた城で、太田氏の家老伊達房実が居城としています。どちらの城も跡形もなく破壊されてしまっているので、どのような郭配置だったのかもわかりません。城跡は老人ホームとなっており、入口近くの疱瘡神の小祠だけが在りし日を伝えていました。
2008/10/30
 
公共交通機関 地図リンク
東武野田線「大和田」下車
城跡までは徒歩30分程度