土塁と堀跡
所在地 埼玉県さいたま市大宮区寿能町
遺構 土塁・空堀
現状 寿能公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
永禄3年(1560) 潮田出羽守資忠が寿能城を築く
天正18年(1590) 豊臣軍の攻撃を受け落城
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
主郭跡 潮田資忠の墓碑 土塁
 
 早くから埼玉県の旧跡に指定されている寿能城ですが、無残なばかりに破壊されています。戦時中に高射砲陣地が置かれたために土塁は削り取られてしまい、戦後の宅地化が進んだ結果、城跡としての痕跡をほとんど失っています。
 交番の脇に城址碑があり、主郭跡が寿能公園となっていますが、元文3年(1738)に建てられた潮田資忠の墓が建つぐらいです。大和田公園が出丸ということですが、確かに梅園と日本庭園の近くから雑木林に足を踏み入れると養蜂の巣箱が置いてあるところに土塁と空堀がありました。
2008/10/30
 
公共交通機関 地図リンク
東武野田線「大宮公園」下車
城跡までは徒歩10分程度