案内板と遺構があった場所
別 称 御蔵陣屋
所在地 埼玉県さいたま市見沼区御蔵
遺 構 土塁
現 状 宅地・鎌倉公園
目標物 案内板
史跡指定  
訪問日 2002/03/28
2018/03/16
 
室町時代 松野助信が居館を構える
天正18年(1590) 北条氏滅亡とともに岩槻太田氏も滅び松野助正は浪人となる
寛永2年(1625) 松野資信が徳川氏の旗本として2百石を与えられる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
松野氏館跡案内板
 
 
JR東北・上越・北陸新幹線
埼京線・高崎線・宇都宮線・東武野田線「大宮」下車
国際興業バス「東新井団地」行きで「団地東」下車
徒歩5分
 
 
松野館跡 土塁と空堀 土塁
 
 岩槻太田氏に仕えていた松野氏の居館跡は21世紀に入ってもよく残っていた。鎌倉公園に隣接して土塁と空堀が残り、案内板も設置されていたので今後も恒久的に保存されていくものと思っていた。さいたま新都心構想が提唱されてからの大宮駅郊外の変貌ぶりは凄まじい。何度か訪れているはずの場所なのにわからなくなることがよくある。台地は削り取られて畑は宅地になり、その中で城跡も失われてゆく。松野館跡もそうした城館跡のひとつに数えられてしまったのが残念でならないが、いくら残念がってもあの土塁と堀はもう帰ってこない。数百年の歳月を経て残された遺構を無造作に破壊できる感覚が理解できない。幸いにして健在だった頃の遺構の写真がある。フイルムからスキャナーに読み取らせたために画質は荒いが、在りし日の姿を少しでも感じ取ってほしい。