金剛寺
別 称 道場堀ノ内
所在地 埼玉県さいたま市桜区道場
遺 構 消滅
現 状 宅地
目標物  
史跡指定  
訪問日 2003/02/22
 
鎌倉時代 畠山重忠が居館を築く
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉ふるさと散歩/さきたま出版会
 
 
JR埼京線「中浦和」下車 徒歩20分
 
 
 鎌倉幕府創業の功臣畠山重忠が居館を構えたという伝承が残る。重忠の故郷は大里郡であり、館跡は比企郡の菅谷にあったことが知られているが、なぜか浦和周辺には重忠にまつわる伝承が残っている。南与野駅の南西には重忠の重臣真鳥日向守の居城も伝わっているので、本当に領地が与えられていたのかもしれない。道場館の北側には金剛寺がある。重忠が土の中から拾い上げた十一面観音が寺の本尊として残されているという。
 戦後間もなくは土塁と堀が残っていたというが、宅地開発によってすべて失われている。金剛寺の案内板に少しだけだが、道場館について触れられていたのが唯一の収穫だった。