開発前の御屋敷山
別 称 円阿弥陣屋
所在地 埼玉県さいたま市中央区円阿弥
遺 構 消滅
現 状 宅地
目標物  
史跡指定  
訪問日 2003/02/22
 
江戸時代初期 伊奈半左衛門が陣屋を構える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
JR埼京線「北与野」下車 徒歩30分
 
 
 自分が訪れたときはまだ雑木林の中に土塁が残っていた。御屋敷山と書かれた立て札もあり、夏になれば子供たちがカブトムシ採りでもしていそうな場所だったが、さいたま新都心構想が立ち上げられると、与野あたりの風景は一変してしまった。駅前にも水田が残っていた時代もあったが、今は商業施設やマンションばかりになってしまった。御屋敷山も同様に遺構はすべて破壊されている。平成の時代になってもさいたま市内には遺構が残る城館跡がたくさんあったが、それらはことごとく失われていったのがたまらなく残念だ。
 江戸時代初期に伊奈半左衛門が円阿弥に陣屋を築いたというが、はっきりとした歴史はわかっていない。伊奈氏も新たに陣屋を構築したのではなく、岩槻城の支城を利用して陣屋を置いたのではないかと思う。地図で示した西側縁に土塁と腰郭があったことを記しておく。