宇田川弾正館
 
 
白幡観音
所在地 埼玉県さいたま市南区白幡
遺構 消滅
現状 白幡観音堂
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 岩槻太田氏の家臣宇田川弾正が居館を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 武蔵浦和駅の東に白幡観音堂があります。ここは戦国時代に岩槻城主太田氏に仕えていた宇田川弾正の館跡と伝えられています。遺構はなく館跡ということを示すものもありませんが、白幡観音堂に並ぶ六地蔵は正保元年(1644)に子孫の宇田川弥左衛門により造られたものだそうです。
2004/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR埼京線「武蔵浦和」下車
屋敷跡までは徒歩15分程度