白幡観音
別 称 宇田川弾正館
所在地 埼玉県さいたま市南区白幡
遺 構 消滅
現 状 白幡観音
目標物  
史跡指定  
訪問日 2004/02/17
 
戦国時代 岩槻太田氏の家臣宇田川弾正が居館を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和」下車 徒歩10分
 
 
 高層マンション群が建ち並び、開発の著しい武蔵浦和駅の東に小さな観音堂がある。時代の波から取り残されたような感じの場所だった。この白幡観音には戦国時代に岩槻太田氏に仕えた宇田川弾正の館があったと伝わる。遺構はないし古い地図と比較しても居館跡の範囲を推定することすらも難しくなっている。白幡観音に並ぶ六地蔵は正保元年(1644)に宇田川弥左衛門が寄進したもので、帰農していた宇田川氏が江戸時代になっても豪農として続いていたことがわかる。