領ヶ谷城のあった台地南側
別 称  
所在地 埼玉県さいたま市南区太田窪
遺 構 消滅
現 状 宅地
目標物  
史跡指定  
訪問日 2004/02/17
2011/11/25
 
平安時代末期 佐々木守綱が軍兵を募るために領ヶ谷城に拠ったとの伝承が残る
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉ふるさと散歩/さきたま出版会
 
 
JR京浜東北線・武蔵野線「南浦和」下車 徒歩20分
 
 
 藤右衛門川に面した丘上に築かれていた城で、その歴史は平安時代末期にまで遡る。源頼朝の挙兵に参加した佐々木守綱が領ヶ谷城で軍兵を募ったという伝承が残っている。誰が築いたのかは明らかとなっていないが、土地の豪族が拠っていたのだろうか。本当のところは岩槻太田氏に関わる城とするのが妥当だと思う。
 昭和30年代までは土塁が良く残っていたらしいが、台地上は住宅ばかりで遺構は失われているようだった。城跡には老舗の割烹屋があって、店の看板に領ヶ谷城址と記されているのが面白かった。いろいろな城跡を訪れたが、割烹屋の看板が案内板代わりになっているのはここだけだと思う。台地の南側に駐車場があるのだが、このあたりは土塁の痕跡のように思えた。土用の丑の日にでも訪れようかと思うが、昨今、鰻もおいそれとは食べられないほどの値段となった。活きの良いのは結構だが、値段までうなぎ上りなのは困ったものだ。