大野城
 
 
橋倉城跡
所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大野
遺構 郭・土塁・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
永禄年間(1558〜69) 松山城主上田氏に仕えた大野弾正が居城
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
 
 
長者平 長者平の土塁 長者ヶ池
東側の平場と沢 平場に残る石積み 橋倉城からの眺望 
 
 やっとと言うべきか、ようやくと表現したら良いのか。比企郡内の城館についてはほとんど廻り尽くした自分だが、橋倉城だけは最後まで未訪問リストに残っていた。とんでもない山奥にあり交通の便も悪い。バスの本数も少ないが、バスに乗るための起点となるのが八高線の明覚駅だ。
 いずれにしたってとても行ける距離じゃない。埼玉県民が埼玉県内の城へ行くのに日帰りで戻れない恐れがあるような城だ。真面目な話、バスを逃したら帰宅できないかもしれない。いろいろ思案して西武秩父線の西吾野から林道伝いに片道4時間かけて歩こうかとも考えた。遺構もろくすっぽ残らないような城に往復8時間もかけるのか。そんなのは嫌だなと思っていたところへ天の声が聞こえた。共に数多くの城跡を落としてきた戦友からの誘いである。行く先は橋倉城とのメールが舞い込んだ。断る理由なんてこれっぽっちもない。
 城主は大野弾正で松山城主上田氏に仕えていたという。秩父の薄村で武田軍と交戦し討死したという伝承がある。実際のことはよくわからないが、高篠峠や白石峠を監視するための城館だろう。
 午前10時前にはときがわ町の木の村物産館で全員集合。精鋭三騎で橋倉城へと乗り込む。大野集落は比企郡の最果てにあり、その向こうはもう秩父となる。曲がりくねった林道を登り詰めるといきなり視界が広がる。見上げればパラグライダーが空を舞っている。おぉ、こここそが夢にまで見た橋倉城跡ではないか。埼玉の古城址に描かれた概念図と同じだ。ごそごそと台地縁を調べている我々はパラグライダーをしている人たちにとって奇異に見えたことだろう。飛べない豚はただの豚とでも思われていたかもしれない。
 事前情報通りで城跡と呼べるような遺構はあまりない。それでも長者平の先端には土塁があったし、こんな山の上なのに湧水池がある。それと東側に浅い谷が入り込み、半円状の平場には石積みが見られた。これについては城跡の遺構とは思えないが、人が起居した証しではある。とにもかくにも喉に刺さる魚の小骨のような存在だった橋倉城を攻略することができた達成感で胸いっぱいだった。
2017/05/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「明覚」下車
ときがわ町バス・イーグルバス「せせらぎバスセンター」行きで終点下車
ときがわ町バス「竹の谷」行きに乗り継ぎ終点下車
城跡までは徒歩45分程度
特記事項