別  名 小山田要害・扇谷要害
所 在 地 東京都町田市下小山田町
築城年代 承安元年(1171)
築 城 者 小山田有重
遺  構 郭・土塁・堀切
現  状 大泉寺
史跡指定  
遺構状態 ★★☆☆☆
難 易 度 ☆☆☆☆☆
総合評価 ★★☆☆☆
訪問適期
(緑が最適)
10 11 12
                       
 
注意事項
石碑あり
見学時は大泉寺の許可が必要
参考資料
日本城郭大系/新人物往来社
多摩丘陵の古城址/有峰書店新社
中世城郭事典/新人物往来社
交通
JR横浜線「町田」より
神奈川中央バス「小山田」行で「大泉寺」下車 徒歩5分
撮影日
2004年1月3日
2011年1月14日
大泉寺と小山田城跡 二の郭跡 堀切と主郭跡
堀切 主郭跡の土塁 堀切
 
 小山田城は秩父一族の小山田氏の居館が大泉寺のある場所に築かれ、時代の変遷とともに背後の馬蹄型の丘陵に堀切を穿ち、城郭として改修されて今の姿になった。小山田氏の居館が築かれたのは平安時代末期だが、小山田城としての形が整ったのは扇谷上杉氏の支配地となった室町時代のことと思われ、長尾景春の乱に対する扇谷上杉氏の拠点となった。戦国時代は北条氏の支配下にあったが、小山田城が現役の城として使用されたとは思えず、早い段階で廃城となったものと思う。その時代に北条氏配下の小山田弥三郎という武士がここに所領を持っていたとされるが、甲斐武田氏に仕え郡内領主であった小山田氏と結びつけることには矛盾がある。小山田氏が武田氏からある程度の独立した立場を認められていたとしても無理がある説だと思う
 
 大泉寺とその裏山が小山田城跡で境内にはそれを伝える石碑が建てられている。初めて訪れた時は登り口が見つからないため直登しようと思ったが不法侵入になるのも嫌なのでやめておいた。登山道が整備されたので再訪し大泉寺に断りを入れてから登った。
 大泉寺を囲む馬蹄型の丘陵上に築かれた殿谷戸型式の城館であり尾根上に遺構が残っている。二重の堀切はかなり風化しているが形状は見て取れる。郭にはそれを示す石碑が建てられて親切だ。登山道から主郭までぐるりと周回するような形で歩くことになるが、たくさんの石仏に見守られながら登るのは楽しかった。大規模な遺構ではないが状態は悪くない。東側の丘陵地帯には小野路城があり途中には小山田緑地公園がある。小山田城までの道程はとても気持ちの良いハイキングコースである。