別  名 八崎城
所 在 地 茨城県つくば市泊崎
築城年代 応永3年(1396)
築 城 者 岡野康朝
遺  構 土塁・堀切
現  状 宅地
史跡指定  
遺構状態 ★☆☆☆☆
難 易 度 ☆☆☆☆☆
総合評価 ★☆☆☆☆
訪問適期
(緑が最適)
10 11 12
                       
 
注意事項
案内板等なし
参考資料
日本城郭大系/新人物往来社
牛久市史/牛久市
交通
JR常磐線「藤代」より
関東鉄道バス「自由が丘団地」行で「細見」下車 徒歩20分
撮影日
2009年1月10日
 
 泊崎城は応永3年(1396)に小田氏の一族である岡野康朝によって築かれたという。牛久沼に突き出した岬の先端を利用して築かれた城郭であり、わずかな距離に牛久城や東林寺城が存在していることから、岡見氏によって砦が置かれていたのかもしれない。
 
天正17年(1587)に多賀谷重経が岡見氏の牛久城を攻略するために泊崎城を築いたという記録があるが重経は元々あった古城を再利用したか岡見氏の番兵を駆逐して陣城としただけなのかもしれない。いずれにしても古城の修築や攻略にはそれなりの人数と日数が必要となるわけであり、牛久城と目と鼻の先の距離であるこの地で城普請を行った重経の豪胆さには驚くばかりである。
 
 牛久沼に突き出した半島の先端部にあるつくば市泊崎から富士見台にかけての低い台地上に泊崎城は築かれていたが富士見台の宅地造成により遺構はほとんど消滅してしまっている。泊崎城址へ訪れるにはJR常磐線の藤代駅から関東鉄道バスに乗り細見のバス停で下車すれば徒歩20分程度で到達することができる。
 最初は牛久城を訪れた時に牛久沼ごしに遠景を撮影したのみだったが2度目は日もとっぷりと暮れた寒風吹きすさぶ日に岬の先端にある大師堂に訪れて城址から見る牛久城方面の夜景を撮影し、城内に建つ食堂で鰻重を堪能した。この鰻重が実に絶品であり城跡の遺構はなくとも十分に満足して帰途についたのであった
 
うな重
牛久沼周辺には鰻屋がいくつかある
天然物はそうないだろうが、泊崎城跡にある岬食堂の鰻重は絶品だった
東京より安いのも嬉しい