福島城
 
別 名 青葉城・千代城・五城楼
所在地 宮城県仙台市青葉区川内
築城者 伊達政宗
築城年 慶長6年(1601)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 福島県庁
遺 構 郭・土塀・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物 脇櫓
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
二の丸 脇櫓と大手石垣
遠景 二の丸 大手石垣と土塀 二の丸 脇櫓
寅ノ門 石垣 中門 石垣 沢曲輪 石垣
清水門 石垣 本丸 詰ノ門跡 本丸 北壁石垣
本丸 大広間礎石 本丸 北西の石垣 本丸 埋門跡
三の丸 巽門跡 三の丸 水堀 眺望
 
 仙台へは中学生のときに修学旅行で訪れている。当時はまだ東北新幹線が大宮から仙台までしか開通しておらず、仙台駅では特急に乗り換えただけで街を散策することはなかった。学生の頃にNHKの大河ドラマで独眼竜政宗が放映された。渡辺謙が演じる伊達政宗がとても魅力的で大河ドラマの中でも上位に位置づけられる傑作だった。
 その居城である仙台城へ訪れる機会には恵まれなかった。東北へ旅をしてもせいぜい福島県までで、宮城県はとても遠い印象があった。泊りがけの旅行を計画しても行き先は滋賀県や中部地方を選択することが多く、自分と東北地方とは接点がほとんどなかった。そうしているうちに東日本大震災が発生し、原発事故なども重なりますます足が遠のいていた。人生のうち一度ぐらいは杜の都と呼ばれる仙台を歩いてみたいという思いが募り、まだ暑くない時期に連休を取得することができたので仙台行きを決めた。
 仙台駅から地下鉄を利用して訪れたが、さすがに杜の都と呼ばれるだけあって緑がとても美しい城だと思った。江戸時代でも堅城という評判の高かった仙台城だが、確かに広瀬川から眺めると断崖上に築かれた難攻不落ぶりが理解できる。遠目に見るその姿はなんとなく武田勝頼が築いた新府城にも似ていた。
 仙台城の代名詞でもある大手の脇櫓と土塀を見たときに遠く仙台までやって来たという実感が湧いた。地震で大きな被害を受けた石垣も美しく積み直されていたし、市街を睥睨する政宗の銅像も目の当たりにできた。あの甚大な被害から短期間でここまで復興したものだと思う。とても品のある美しい城跡だと思うが、残念なのは城内が幹線道路として使われていることだった。見どころになるような場所でもひっきりなしに車が通る。本丸西側の石垣は歩道がないためとても不便に感じた。もう少し上手に保存計画ができなかったものかと思う。本丸跡も護国神社や観光施設に占拠されているために残念に感じることが多かった。
仙台市地下鉄東西線「国際センター」下車 徒歩20分
2018/06/01 日本城郭大系/新人物往来社
仙台城跡案内板