福島城
 
別 名 大仏城・杉目城・杉妻城
所在地 福島県福島市杉妻町
築城者 伊達氏
築城年 室町時代
廃城年 明治2年(1869) 
現 状 福島県庁
遺 構 石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
三の丸 土塁
石碑 西門 土塁 三の丸 土塁
三の丸 土塁と空堀 大仏城跡出土宝塔 阿武隈川
 
 阿武隈川沿いを歩いたのは30年ほど前のことだった。2月に会津若松を旅行したのだが、往路で福島競馬場に立ち寄った。そのときに土手の上を散歩しているがほとんど覚えていない。後に皐月賞馬となるハクタイセイがきさらぎ賞を勝つ姿を閑散とした福島競馬場の場内テレビで見たぐらいしか記憶にない。
 福島城跡は阿武隈川が形成した河岸段丘上にあるが、城跡は福島県庁の敷地となり遺構はほとんど残っていない。室町時代には大仏城が築かれて鎌倉公方に叛いた伊達持宗が立て籠もったのが初見となっている。豊臣秀吉が奥州仕置を行うと伊達政宗は福島城を明け渡し、蒲生氏郷と上杉景勝の支配地となった。江戸時代に入り上杉氏が跡目問題で領地を削られたあとは幕末まで譜代大名が配置された。
 城跡のある福島県庁までは福島駅から歩いて20分程だが、途中にある福島第一小学校の校庭に土塁が残っている。県庁の駐輪場付近に隠れるようにして石碑があった。隣接する紅葉山公園には城跡から出土した宝塔が置かれている。
 いちばん見応えのある三の丸跡の土塁は県庁建物の裏側にあるので少しわかりづらい。駐車場の奥に横たわる土塁は見事なもので、土塁の上を歩いてみると思っていたよりも距離があった。立派な遺構のわりには雑な扱いであるが、福島城の威容を偲ぶ数少ない遺構だった。阿武隈川の河原に下りてしばらく休んだ。東北地方らしいのんびりとした時間が流れていった。
 
JR新幹線・東北本線「福島」下車 徒歩20分
 
2018/06/01 日本城郭大系/新人物往来社
福島城跡案内板