福島城
 
別 名 古舘・西黒川舘
所在地 福島県会津若松市本町
築城者 蘆名直盛
築城年 弘和2年(1382)
廃城年 天正18年(1590)以降
現 状 小舘山稲荷神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
小舘山稲荷神社
 
 久しぶりに会津若松を訪ねてみた。若松城からは少し遠いが、只見線の七日町と西若松のちょうど真ん中に小舘山稲荷神社という小さな神社がある。細く入り組んだ路地の突き当りにある朱塗りの鳥居と派手な屋根が印象的な神社だった。
 市街地に埋もれて遺構は何もないが、複雑に折れ曲がる道がその名残りかもしれない。鳥居の横に案内板があり、簡潔ながらも手際よく小舘の歴史が記されていた。若松城に移った伊達政宗が母の義姫を小舘に住まわせたという。秋祭りの準備でもしているのか、職人が狭い境内を出入りしていた。
 
JR只見線「七日町」下車 徒歩20分
 
2014/09/30 小舘山稲荷神社案内板