福島城
 
別 名
所在地 福島県会津若松市門田町飯寺村西
築城者 蘆名直盛
築城年 康暦元年(1379)
廃城年 弘和2年(1382)
現 状 稲荷神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
稲荷神社
 
 巨大なオリンパスの社屋が建ち並ぶ一画に小さな稲荷神社がある。ここには三浦半島から移り住んだ蘆名氏の居館があった。境内に建つ石碑には事細かに佐原義連とその末裔について刻まれていたが、義連が奥州へ移住したかはわからない。蘆名氏は戦国時代まで続いたが、伊達政宗の攻勢によって弱体化し、常陸の佐竹氏から養子を迎えて結局はその配下となった。
 稲荷神社にはもう遺構は残されていないが、オリンパスの建設前は土塁が残っていたという。遠い会津若松の地で馴染みの深い三浦党の名前を目にするのは嬉しい瞬間だった。
 
JR只見線・会津鉄道会津線「西若松」下車 徒歩20分
 
2014/09/30 稲荷神社石碑