福島城
 
別 名 亀ヶ城
所在地 福島県耶麻郡猪苗代町古城跡
築城者 猪苗代経連
築城年 建久2年(1191)
廃城年 慶応4年(1868)
現 状 亀ヶ城址公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 福島県指定史跡
備 考
評 価
本丸 横堀
遠景 二の丸 石垣 胴丸 石垣
土蔵 土塁 本丸 虎口石垣 本丸
本丸 土塁 西郭 北郭 土塁
 
 9月の終わりに会津若松へ出かけてみた。途中で猪苗代城に再訪してみたくなり、磐越西線の猪苗代駅で降りた。石垣がとても立派だった印象があるが、実はそれ以外のことはあまり覚えていなかった。閑散とした猪苗代駅から町役場を通り過ぎると亀ヶ城址公園へ着く。訪れているのは自分ひとりだったので、誰にも邪魔されることなく猪苗代城を散策した。大宮を出るときは暖かかったが、初秋の会津地方の風はとても冷たく感じた。
 猪苗代城は猪苗代氏代々の居城だった。主筋の蘆名氏と折り合いが悪く、歴代の当主は何度も謀叛を起こしている。伊達政宗を引き入れて蘆名氏を窮地に追い込んでいるうちに中央では豊臣秀吉が昇竜のような勢いで天下を統一しつつあり、時流を読み損ねた奥州の武将たちは所領を奪われた。猪苗代城は蒲生氏郷の支配地となり、おそらくこの頃に石垣が積まれたと思う。
 蒲生氏郷が若くして世を去ると上杉景勝、江戸時代には蒲生秀行、加藤嘉明の持ち城となるが、親藩の保科正之が若松城主となると猪苗代城には城番が置かれた。一国一城令が発布された後も存続を認められた希有な例であるが、戊辰戦争で薩長軍の標的となり、城も城下町も焦土と化してしまった。
 土塁と堀と石垣が美しい調和を見せてくれる。二度目の訪問ではここから北の丘続きにある鶴峰城も訪ねた。ふたつの城は鶴と亀という縁起の良い名前を付けられている。猪苗代駅に戻ったときは空腹だったが、食事ができる店もなく会津若松へと向かった。
 
JR磐越西線「猪苗代」下車 徒歩30分
 
1997/10/04・2014/09/30 会津の城/歴史春秋社
日本城郭大系/新人物往来社