福島城
 
別 名 弦峯城
所在地 福島県耶麻郡猪苗代町鶴峰西
築城者 猪苗代盛国
築城年 天正13年(1585)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 福島県指定史跡
備 考
評 価
主郭 堀切と土橋
遠景 南郭 虎口 南郭
主郭 土塁 主郭 堀切 北郭
 
 初秋の猪苗代駅に降り立ったとき、空気がひんやりとしていた。残暑の余韻が残る関東とは違い、冬の到来を感じさせる気温だった。猪苗代城へは一度訪れたことがあったが、丘続きにある鶴峰城のことは知らなかった。久しぶりに会津へ出かけたときに猪苗代城への再訪を兼ねて鶴峰城にも立ち寄ってみた。
 猪苗代城のように整備はされていないおかげで廃城当時の姿が残っている。猪苗代盛国が隠居城として築いた鶴峰城は猪苗代城と一緒に福島県の史跡に指定された。僕が訪れたときは樹木が伐採され、ようやく整備が始まろうとしているときだったと思う。猪苗代城と違い石垣はないが、古城らしい堀切や土塁が良い雰囲気だった。少しだけ雲を被っている磐梯山がここからはよく見えたし、収穫前の水田が黄金色の穂を垂れて美しかった。そんな風景を見て胸躍らせるのは日本人だからだろう。
 
JR磐越西線「猪苗代」下車 徒歩45分
 
2014/09/30 会津の城/歴史春秋社