福島城
 
別 名 搦目山城
所在地 福島県白河市藤沢山
築城者 結城祐広
築城年 正応2年(1289)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
城址碑
遠景 堀切 主郭 土塁
主郭 櫓台 横堀 南湖公園
 
 日帰りで冬の白河を旅してみた。新白河駅からタクシーで南湖公園へ向かう。運転手が歴史に詳しく松平定信のことや白河小峰城について話しているうちに南湖公園へと着いた。12月の福島は寒く湖面は凍っていた。人もまばらで美しい風景を独占できたのは幸いだった。
 白川城は南北朝時代の山城であり、南朝の主力として働いた結城氏の居城である。登ってみれば高さもなくそれほど立派でもなかった。古い山城だから仕方がないが、実際には僕が見たよりもさらに広大な城域を持っていることを後から知った。はっきりわかるような土塁や堀切は少なく自然の地形を利用した城という印象を持っている。ここから白河小峰城まで歩いたが、その道のりはとても遠かった。路線バスも少なく歩いたほうが早いのだが、道中はとても退屈だったことを覚えている。
 
JR東北本線「白河」下車 福島交通バス「白河の関」行で「八竜神」下車 徒歩10分
 
2007/12/01 日本城郭大系/新人物往来社