福島城
 
別 名 茶臼舘
所在地 福島県郡山市桜木
築城者 郡山頼祐
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 老人ホーム・山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
近景 空堀
 
 伊達政宗が佐竹氏らを迎え撃った郡山合戦の舞台となったのが郡山城だが、その場所についてはいくつかの説がある。郡山駅の近くという説もあるが、僕が訪れたのは古くから郡山城跡とされてきた場所だった。
 高校時代の友人と車で二本松城まで行く途中に郡山市街を走った。特に行くあても決めておらず気の向くままに車を走らせた。大通りを走っていたときに何となく意味ありげに感じた雑木林があった。よく見ると小さな案内板があったので、近くのパチンコ店に車を停めて来てみるとやはり郡山城の案内板だった。雑木林に足を踏み入れると樹木が伐採された区画があり、これは郭跡だとすぐに思った。ちょうど発掘調査がされていたようでトレンチが入れられていた。
 もう当時の姿は留めていないだろうと思いながらも21年ぶりに訪れてみた。郭跡は老人ホームが建設されていたが、土塁は当時のまま保存されていた。北へ歩いてみると急激に落ち込む地形となっていたことがわかった。遊歩道の脇には空堀も残っている。久しぶりに訪れた名もなき城が残されているのを見て感慨深いものがあった。21年後はもう僕は生きていないだろうが、郡山城は生き続けるのだろうか。
 
JR新幹線・東北本線・水郡線・磐越東線・磐越西線「郡山」下車 徒歩25分
 
1997/10/04・2018/09/26 図説戦国合戦総覧/新人物往来社
戦国の戦い/学研