別 名
所在地 福島県白河市郭内
築城者 結城親朝
築城年 興国元年/暦応3年(1340)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 城山公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物 三重櫓・太鼓櫓・前御門
史跡指定 国指定史跡
評 価
 白河小峰城は南北朝時代に白河結城氏の当主結城親朝が築いた。旧来の白川城と区別して小峰城と呼ばれ親朝の嫡男朝常からは小峰氏を名乗った。結城氏は南朝方として行動し北畠親房を補佐したがやがては北朝に降っている。戦国時代に小峰氏は結城氏と対立していたが天正18年(1590)に豊臣秀吉が天下統一を成し遂げると奥州仕置により白河結城氏とともに改易となる。
 豊臣政権では蒲生氏と上杉氏の支配地となり関ヶ原の戦いが終わると蒲生秀行の領地となった。寛永4年(1627)に丹羽長重が10万石で入封し白河小峰城は近世城郭として大改修を受けて現在のような姿となった。丹羽氏が移封された後は譜代大名と親藩大名の居城となるが、幕末に再び二本松藩主の丹羽氏の統治するところとなるが、慶応4年(1868)の戊辰戦争で新政府軍の猛攻により城も城下町も焦土と化して落城している。
白河駅から見る白河小峰城 二の丸跡の石垣 二の丸跡の石垣
二の丸跡の空堀 本丸跡の水堀 本丸跡の石垣と水堀
本丸跡の石垣 本丸跡の石垣 本丸跡の石垣
本丸跡の前御門 前御門と三重櫓 本丸跡の土塁
本丸跡の土塁 本丸跡の石垣と水堀 尾廻門跡の石垣
 急に思い立ち白河を訪れた。東北新幹線に乗ったのは20年ぶりぐらいだと思う。この年は残暑が長引き紅葉の見頃が遅れていたが、そのおかげで山々は真っ赤に染まっていた。いきなり白河を訪ねたくなった理由は覚えておらず単なるその時の気まぐれだったと思う。
 新白河駅からはタクシーで南湖公園へ向かった。そこから徒歩で南北朝時代の白川城へ訪れてから道を戻るようにして白河小峰城を訪ねた。バラ園の看板があったが興味もなく素通りして復元された三重櫓へと入った。たしか無料だったはずで中へ入ると木の香りがした。自分が訪ねたときは人もまばらで落ち着いて城跡散策を楽しむことができたが、静かで美しいこの城も数年後の東日本大震災によって甚大な被害を被ることになった。累々と積まれた高石垣は無残なほど崩壊してしまい復興に多大な時間を要している。そう思うと震災前の石垣を見ることができたのは幸運だったと思う。
JR東北本線「白河」下車 徒歩5分
城郭と城下町/小学館・名城と城下町の旅/下野新聞社
2007/12/01