福島城
 
別 名 霞ヶ城・白旗城
所在地 福島県二本松市郭内
築城者 二本松満泰
築城年 応永21年(1414)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 霞ヶ城公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物 箕輪門・櫓・塀・石垣
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
三の丸
三の丸 箕輪門 堀切 大石垣
本丸 天守台 本丸 空堀
搦手門 石垣 眺望
 
 はじめて二本松城へ訪れたのは初秋だった。高校時代の友人と東京から僕の車で夜通し走った。10月初旬の東北寒くて軽装で来たことを後悔した。二本松城ではちょうど菊人形展が開催されていてそれなりの人出で賑わっていた。
 長く二本松氏の居城だったが、伊達政宗に攻め取られている。二本松義継が伊達政宗の父輝宗を拉致し、政宗が父もろとも射殺する場面は大河ドラマで見た。その後の二本松城は福島県内にある多くの城跡と同じように蒲生氏、上杉氏の支配を受けた。江戸時代には賤ヶ岳の七本槍の一人に数えられる加藤嘉明の持ち城を経て丹羽光重が城主となる。光重はあの長秀の孫にあたり、父長重は築城の名手だった。二本松城は蒲生氏時代に石垣が取り入れられたが、丹羽氏が城主となると大改修が加えられて三重の天守が上がったらしい。
 あれから20年以上が過ぎた。もう一度見ておきたい城だったので休みを利用して訪ねてみた。東北新幹線の運休と遅延が重なり到着が予定よりも1時間遅れてしまった。その後の予定はどうでもよくなり二本松城をじっくりと歩いてみることにした。前回と同じく図面などは持参していない。以前は完成したばかりで違和感を覚えた天守台の石垣も風景に溶け込んでいるように思えた。二本松城も東日本大震災で少なからぬ被害を受けているが、それを感じさせないほど見事に修復されていた。雨ばかりの関東を抜け出して訪れた甲斐があった。
JR東北本線「二本松」下車 徒歩20分
1997/10/04・2018/09/26 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館