高麗寺城
 
 
西尾根の堀切
所在地 神奈川県中郡大磯町高麗
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
永享10年(1438) 永享の乱を起こした足利持氏を討伐するため上杉持房が高麗山城に陣を構える
永正7年(1510) 扇谷上杉朝良と争った北条早雲が高麗山城に立て籠もる
永禄3年(1560) 上杉謙信が小田原へ兵を進めたときに高麗山城に布陣する
 
参考 高麗山城跡案内板・神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版
 
 
高来神社に登山道があり道標も地図もあるので親切だ
男坂と女坂があるが女坂から登り東尾根から見ると良い
東尾根には堀切と土橋が明確に残っている
大堂と呼ばれる標高168mの山頂が主郭跡
西側に土塁状の地形が残るが城の遺構かはわからない
西尾根へ進むと小さな堀切に橋が架かる
さらに八俵山へ進むと今度は巨大な堀切が出現する
思っていたよりもはっきりとした城郭遺構に出会えた
八俵山には案内板があり、そこに堀割遺構の説明がある
また、高麗山城の戦い歴史についても記されている
眺望はあまり良くなかったが面白い城跡だった
 
高麗山城跡 高来神社 東尾根の堀切と土橋
犬走り 主郭跡東の腰郭 主郭跡
西尾根の堀切 西尾根の堀切 西尾根の堀切
 
 大磯駅から国道1号線を北東へ歩くと高来神社の参道があります。ちょうどこの日は祭礼にあたり御輿を山頂へ運ぶ神事が行われる日でした。高来神社の裏から登山道を登りますが、比高差こそないものの登りはなかなかきつい山道です。それでも20分ほどで東尾根の郭へ到達し、そこから尾根上を歩いてみました。遺構はそれほど期待していたわけじゃないのですが、思っていた以上に明確に残る遺構に驚きました。はっきりと残る堀切は東尾根に1つあり、西尾根に2つあります。その他にも堀切があったのではないかと思われる地形が2つありました。
 大堂と呼ばれる場所が山頂ですが、削り残しの土塁のような地形があります。ただ、城郭に関連するものかはわかりません。寺院があった時代の名残かもしれないので断定できませんでした。それでも十分に満足できる山城だと自分は思います。
 高麗山城の歴史はよくわかりませんが、寺院が城砦化したことは間違いと思われます。室町時代から戦国時代にかけては何度かこの城を巡り戦いが繰り広げられています。東海道を眼下に見下ろす山ですから重要な場所だったのでしょう。戦国時代には小田原城への伝えの城として北条氏が使用していたと考えられています。
2017/04/21
 
公共交通機関 地図リンク
JR東海道本線「大磯」下車
登山道入口の高来神社までは徒歩25分
城跡までは徒歩20分程度