天王山城
 
 
主郭跡
所在地 神奈川県中郡大磯町大磯
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
大磯駅から旧東海道を進むと王城山と水道山への道がある
西にある標高83mほどの山が王城山
道ははっきりとしているので迷うことはない
山頂は配水池があり改変が激しい
主郭跡には明治天皇観漁記念碑が建つ
堀切が明確に残るが藪がひどくて入らなかった
主郭跡の東に綺麗な腰郭が残っているのと
南西に伸びる尾根上にも郭が続く
地形が改変されているためにかたちが掴みづらいが
それなりに城としてのかたちは整っている
 
王城山城跡 堀切 主郭跡
腰郭 南西尾根の郭跡  
 
 大磯駅からそれほど遠くない場所で比高差もなく登りやすい山です。山頂は配水池があるためにかなり地形が変化していますが、腰郭や堀切が比較的明瞭に残ります。歴史についてはまったくわかっていませんが、室町時代から戦国時代のはじめにかけて使用された城と思われます。
 城跡としての遺構はそこそこでしたが、大磯駅からここまで来る道中は旧東海道を歩きます。この道がとても往時の雰囲気を色濃く残しており、歩いていて楽しむことができました。ここに立ち寄る前に早朝の砂浜で太平洋を眺めたのも爽快な気分でした。
2017/04/21
 
公共交通機関 地図リンク
JR東海道本線「大磯」下車
城跡までは徒歩30分程度