南側の土塁
別 称 山下館・住吉要害
所在地 神奈川県平塚市山下
遺 構 土塁・水堀
現 状 宅地
目標物 石碑・案内板
史跡指定
訪問日 2017/04/21
 
年代不詳 山下長者の屋敷が構えられる
永正7年(1510) 扇谷上杉氏と争った北条早雲が立て籠もる
 
参考 神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
JR東海道本線「平塚」下車
神奈川中央交通バス「湘南平」行きで「下万田」下車
徒歩3分
 
 
南側の土塁 西側の土塁 西側の水堀
西側内郭の土塁 北西側の土塁 虎女住庵跡の碑
 
 高麗山の北側の道路を西へ歩いた住宅街に山下長者屋敷はあった。八幡神社を目印にするとわかりやすい。屋敷跡は宅地化により遺構はかなり失われているが、もっとも良い状態で残っていた南側の土塁が削り取られて宅地化されたのが本当に惜しまれる。その他の遺構としては西側の土塁と水堀の一部が辛うじて屋敷跡の面影を伝えてくれるぐらいだった。
 山下長者が誰なのかはわからないが、仇討で有名な曾我十郎祐成の妾となった虎御前がこの地で暮らしていたという伝承がある。鎌倉時代にはそれなりに地位のある人物が居を構えていたものと思われるが、その起源は謎に包まれている。山下長者屋敷を扇谷上杉氏との戦いで北条早雲が立て籠もった住吉要害とする説がある。それが今では主流となりつつあるが、この程度の規模しかない城館に籠るというのは考えにくい。単純に考えれば高麗山城を含めた一帯を早雲の反抗の拠点として考えたい。