要法寺
所在地 神奈川県平塚市平塚
遺構 消滅
現状 要法寺
目標物 石碑
史跡指定  
 
鎌倉時代 北条泰知が居館を構え平塚左衛門尉泰知と名乗る
 
参考 要法寺縁起の碑
 
 
要法寺縁起の碑 平塚の塚案内板 平塚の塚
 
 鎌倉幕府の執権北条泰時の次男泰知は平塚に居館を構えて平塚左衛門尉泰知と名乗りました。弘安5年(1282)に武蔵国の池上宗仲の館へ向かう日蓮上人が泰知の館で一泊したとされていますが、北条氏の系図に泰知という人物は見当たりません。
 要法寺が平塚泰知の居館だったということを何で知ったのか自分でも忘れてしまいました。平塚市の道路地図を開くと要法寺の場所に赤字で平塚泰知館と過去の自分が書き込んでいます。手持ちの資料をいろいろ調べましたがさっぱりわかりませんでした。平塚市の城館探訪をする機会が訪れたので何かわかるかもしれないと淡い気持ちを持って要法寺を訪ねたのですが、境内には何も手がかりがありません。山門から外へ出れば道沿いに案内板があることが多いので山門をくぐったところ寺の縁起を刻む石碑がありました。そこには北条泰知の屋敷であったことが刻まれています。我ながら鋭い嗅覚を持つ男だと思います。それ以外のことは何もわかりませんでしたけどね。寺に隣接して平塚の地名の起こりとなった塚がありました。ここにも案内板がありその由来が書かれていました。この日はここを最後に湘南新宿ラインで帰宅しています。
2017/04/21
 
公共交通機関 地図リンク
JR東海道本線「平塚」下車
神奈川中央交通バス「東海大学」行きで「新豊田道」下車
要法寺までは徒歩5分程度