大森氏頼館
 
 
大森氏頼居館跡の標柱
所在地 神奈川県平塚市岡崎
遺構 土塁・空堀
現状 紫雲寺
目標物 標柱
史跡指定  
 
室町時代 大森信濃守氏頼が居館を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 日本城郭大系では岡崎南部方形囲郭群という名で紹介されているが、お堅いというかセンスのないネーミングなので却下し土地の旧称から矢崎城として紹介しよう。大森氏頼居館跡の標柱が建つ紫雲寺から岡崎神社までが城域であり、同書が発刊された昭和50年代はまだまだ土塁などがよく残っていたようだが、最近の航空写真を見ると幻滅するほど住宅が密集している。それでも地形図を見ると岡崎城と似たような占地の城郭の姿が浮かぶ。
 ここは北条早雲も一目置いた大森信濃守氏頼の居城という。知勇兼備の名将として名高く、後に小田原城を居城とした大森氏は全盛期を迎えている。さすがの早雲も氏頼の在世時には小田原城を手中にすることが出来なかったほどだ。隠居後の氏頼は寄栖庵と号して岩原城で大森藤頼の後見をしていたが明応3年(1494)に没した。その翌年には早雲が小田原城を奪い取ることに成功しているから、その死は大森氏にとっては痛恨事であり、関東の戦国時代にも大きく影響を与えることとなった。
2004/01/10
 
公共交通機関 地図リンク
小田急小田原線「伊勢原」下車
神奈川中央バス「東海大学病院」行きで「矢崎」下車
城跡までは徒歩15分程度