実田城
 
 
天徳寺
所在地 神奈川県平塚市真田
遺構 土塁
現状 天徳寺
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 佐奈田与一義忠が居城を築く
治承4年(1180) 義忠、石橋山の戦いで俣野五郎景久と組み打ちし討死する
建暦3年(1213) 義忠の子岡崎実忠、和田義盛の乱で討死し真田城は廃城となる、
明応5年(1496) この頃に上田氏が真田城主となる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東側の土塁 空堀 空堀
 
 東海大学前駅から歩いて15分ほどで天徳寺に着きます。門前の錆びた看板に描かれた「石橋山合戦の勇将」の文字通り、ここは源頼朝の挙兵を援けて石橋山合戦で討死した佐奈田与一義忠の居城です。義忠は三浦氏一門の岡崎義実の嫡男として生まれ、大住郡真田郷を本拠地としています。義忠が討死した後は岡崎実忠が城主となりましたが、和田義盛の乱で敗れたため真田城も廃城となりました。ただ、鎌倉時代までの真田城が現在地と同じ場所であるのかはわかっていません。戦国時代の真田城は上田氏の居城となっていましたが、天正2年(1574)には天徳寺が建立されているので、戦国時代末期までは使用されていないことがわかります。
 訪れる前はもう遺構はないだろうと思っていましたが、ちょうど発掘の真っ最中で巨大な空堀を見ることができました。それはそれでラッキーではありましたが、破壊を前提とした発掘であり、今はもう見ることができません。天徳寺の墓地には土塁が残っています。墓地の拡張がされないように土塁だけはいつまでも保存してもらいたいものです。
2004/01/10
 
公共交通機関 地図リンク
小田急小田原線「鶴巻温泉」下車
神奈川中央バス「東海大学」行きで「真田神社」下車
城跡までは徒歩10分程度