土屋宗遠館
 
 
土屋城跡
所在地 神奈川県平塚市土屋
遺構 土塁
現状 農地
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 土屋三郎宗遠が居館を構える
応永23年(1416) 上杉禅秀の乱で土屋氏は没落する
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
土塁 堀状の地形 土屋一族の墓
 
 土肥次郎実平の弟土屋三郎宗遠の居館跡です。土屋氏が属する中村党は一族を挙げて源頼朝の挙兵を助け、宗遠は源義経とともに壇ノ浦の戦いまで転戦したとされています。土屋一族は和田義盛の乱で敗れ衰退し、室町時代に上杉禅秀の乱で敗れたため歴史の舞台からは消えてしまいました。
 大乗院を含む一帯が土屋城の範囲と思われますが、案内板が設置され土屋一族の墓所も残るのに対して遺構はほとんど失われています。墓地に土塁が残るぐらいで他に目立つものはありませんでした。なお、現地案内板の表記に従い土屋城として紹介しています。
2004/01/10
 
公共交通機関 地図リンク
小田急小田原線「秦野」下車
神奈川中央交通バス「平塚駅北口」行きで「土屋橋」下車
城跡までは徒歩20分程度