別 名 久慈見城
所在地 茨城県那珂市額田南郷
築城者 佐竹義直
築城年 建長年間(1249〜56)
廃城年 天正19年(1591)
現 状 山林・宅地・農地・寺院
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 那珂市指定史跡
評 価
 額田城は鎌倉時代に佐竹義直が築き額田氏を称したことを起源とする。室町時代に佐竹氏の内紛に端を発した山入の乱で額田氏は滅び、佐竹義人は重臣の小野崎氏を額田城主とした。小野崎氏は独立的な動きを見せたため戦国時代末期になると佐竹氏と対立し、小野崎照通は伊達政宗と結び佐竹義宣に対抗したが政宗の援軍を得られぬまま天正19年(1591)に額田城を攻め落とされた。額田城はそのまま廃城となったというが小野崎氏の領内統治を考慮すると城番が置かれただろう。
額田城 引接寺の土塁 引接寺の空堀
阿弥陀寺の土塁 三の郭跡と土橋 二の郭跡
二の郭跡の空堀 主郭跡の水堀 主郭跡の泥田堀
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の空堀
 茨城県の城跡は雄大な規模を誇る城が多く、水戸から先の内陸部は開発からも取り残されているおかげで優れた遺構を残す城が数多く残されている。中でも県下最大級の規模を誇る額田城は訪ねてみたいと思っていた。水郡線の本数が少ない上にバスの路線網も充実しておらず実際に訪れるのはかなり困難で半ばあきらめていたが、始発で出発すれば額田駅までは難なく行けることがわかった。額田城の位置を確かめると途中でいくつかの城跡を訪ねながら常磐線の東海駅まで歩くことができる。これなら時間も無駄にならず体にもそれほど負担をかけない行程が可能である。実際に歩いてみたところ車の往来も少なく道もわかりやすくとても快適なものだった。
 南酒出城から額田城へ来るまでの間でも阿弥陀寺と引接寺に残る外郭の遺構が見られる。外郭まで含めた面積は広大でとてもすべてを確かめることはできなかったが、集落のあちこちにその痕跡を留めているらしいので再訪できることがあれば見ておきたいと思う。主郭を囲む堀は本当に巨大なもので湿地帯に守られていた南側には今も泥田堀の名残りが残されている。広大な主郭は杉林となっており土塁があまり残っていないが理由はわからない。二の郭は花壇となっているが主郭との間に残る空堀は実に見事な眺めだった。画像ではその迫力をあまり伝えられないのが残念に思うが、それは実際に訪れて体感してほしいと思う。三の郭は民家が多いのでさっと見ただけで再び二の郭から主郭の外周を歩いてみた。東側にも外郭の遺構が点在しているのでそれらを眺めつつ東海村へ向けて歩き出した。
JR水郡線「額田」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・茨城の古城/筑波書林・額田城跡案内板
2019/04/01