別 名
所在地 茨城県つくば市小田
築城者 八田知家
築城年 文治元年(1185)
廃城年 慶長7年(1602)
現 状 小田城跡歴史ひろば
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 小田城は文治元年(1185)に八田知家が築き、長く末裔の小田氏の居城となった。鎌倉時代から続く名門でありながら戦国時代の小田氏は弱体化が著しく佐竹氏に幾度も居城を奪われている。小田氏治は七転び八起きにひとつ足りない七転び六起きに終わったが、敗走してもすぐに小田城を奪い返す姿には病的なほどの執念すら感じる。天正18年(1590)に豊臣秀吉は諸国へ向けて北条氏征伐の触れを出したが、氏治は佐竹氏と和睦することなく旧領奪回に固執して所領を没収された。その最後は悲惨を通り越して呆れる思いがする。
小田城 馬場跡の土塁 本丸跡の土塁と堀跡
本丸跡の土塁と堀跡 本丸跡の虎口 本丸跡
本丸跡の涼台 本丸跡の涼台 櫓台上の五輪塔
本丸跡の水堀 本丸跡の水堀 本丸跡の水堀
本丸跡の水堀 南館跡の堀 中城跡の堀
 波乱万丈の生涯を送った小田氏治がその人生をかけて守り抜いた城である。正確に言うと守り抜いてはいない。奪われては取り返すという歴史を繰り返したが最後は小田城に戻ることができなかった。立派な城だとは思うが、何度も落城を繰り返しているのをみると難攻不落とは言い難い。防備を固めるために城域を広げたのが逆効果だったのではないかと思う。
 しかしながら小田城跡は茨城県屈指の平城だと思う。土塁も水堀もよく残り復元整備事業により往年の姿が甦りつつある。国の予算がおりたためか少しやり過ぎた土木工事やサイクリングロードで本丸が狙われたように破壊されたのは残念だった。
 2度目の訪問から6年近い歳月が流れた。この日は古い友人と霞ヶ浦周辺の城跡を廻ったが当初の目的である宍倉城と戸崎城を訪ねたあとは時間が余った。まだ夏と変わらない藪の中に眠る城ばかりを見て歩いたので整備されて歩きやすい城も良いだろうと小田城へ立ち寄ることにした。はじめて訪れたときは整備前でそのままの遺構が随所に残されていたが復元途中で訪れたときはやや興ざめしたものだった。整備事業が終わった小田城はどうなっているか興味もあったので訪ねてみたが、青々とした芝生が目に染み入るような爽やかな気持ちになれた。本丸の土塁にありもしない開口部を設けてしまったのはバリアフリーの流れもあり仕方がないのかもしれないが、それには目を瞑り復元された土塁と水堀を特に気負うこともなくのんびりと歩いてみた。これはこれで良いものだと思ったし小田氏治公もこれを見て喜んでいるかもしれない。
JR常磐線「土浦」下車 関東鉄道バス「下妻」行で「小田十字路」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社・小田城跡パンフレット/つくば市教育委員会
2009/10/31・2013/12/23・2019/09/23