別 名
所在地 茨城県那珂市南酒出
築城者 佐竹義茂
築城年 鎌倉時代
廃城年 慶長7年(1602)
現 状 山林・蒼龍寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 南酒出城の築城は鎌倉時代にまで遡る。源頼朝に敵対した佐竹秀義は領地を没収されたが、後に許されて奥州征伐で軍功を挙げた。秀義の次男義茂は承久の乱で活躍し南酒出に領地を与えられて南酒出氏の祖となる。南酒出氏が美濃へ赴任すると同じ佐竹一門の東義堅が酒出氏を名乗り南酒出城主となった。佐竹義宣が徳川家康の不興を買い出羽へ国替えされたことで南酒出城も廃城となった。
南酒出城 五の郭跡に建つ蒼龍寺 四の郭跡
三の郭跡 二の郭跡の土塁と空堀 二の郭跡の二重土塁
主郭跡の虎口 主郭跡の空堀 主郭跡の空堀
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
 この年はなぜか1月から3月まで千葉県の城館探訪を繰り返していた。さすがに飽きてきたので目先を変えてお隣の茨城県の城を訪ねることにした。房総の城も楽しかったが常陸の城は巨大で土塁と堀の規模が大きいという印象がある。この日訪れた城もやはりどれも目を奪われるような規模の土の城ばかりだった。前々から額田城を見てみたいと思っていたので水郡線の沿線で良好な遺構を残す城をいくつか選び出して訪れたのだが先陣を務めてくれたのが南酒出城だった。
 水郡線はワンマン気動車の単線で本数はかなり少ない。行くのはいいがあまり数多くの城を訪ねると帰宅が遅くなるばかりか、下手をすると日帰りできない可能性もある。のんびりとした風景は捨てがたく沿線に多くの城があって魅力的だが、それらはまたどこかに宿を手配して時間が許す限り訪ねてみたいと思う。
 南酒出駅から城跡までは歩いても20分程度で茨城県らしい田園風景を楽しみながら歩いているうちに蒼龍寺へ着いてしまった。ここも郭跡だが境内と墓地となっているためほとんど遺構はないので台地続きに南へ歩くとすぐに二の郭の土塁と空堀が迎えてくれる。二の郭の西側の守りは厳重そのもので二重の土塁と空堀が守っている。その外側にも空堀があったというが消滅していた。南西の民家が建つ場所が三の郭であり虎口の土塁が残されていた。この郭は御城と呼ばれていたので南酒出氏が最初に館を築いたのはこの場所ではないかと思う。最後に主郭へ訪れたがここも深い空堀で守られ土橋を従えた厳重な虎口が備わっている。広々とした郭は杉林となっているが西側を巨大な土塁が囲んでいた。最初に訪ねた城がこれぐらい見事だと意気上がるというもので、特に遺構が残っていない北酒出城へ向かう足取りも軽くなった。
JR水郡線「南酒出」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・茨城の古城/筑波書林・南酒出城跡案内板
2019/04/01