福島城
 
別 名 馬場城
所在地 茨城県水戸市三の丸
築城者 馬場資幹
築城年 建久年間(1190〜98)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 水戸第一高校
遺 構 大手門・郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
二の丸 堀切
千波湖 大手橋 大手 土塁
本丸 土塁 藥医門 三の丸 空堀
 
 水戸を訪れたのは正月のよく晴れた日だった。常磐線の赤塚駅からいつくかの城跡を訪ねつつ水戸城を目指したのだが、千波湖のほとりを歩くときは手が凍てつくほど寒かった。今でこそ茨城県の城は数多く廻っているが、水戸を旅するまではせいぜい夏の海水浴に出かけるぐらいで茨城県とはほとんど縁がなかった。この日は初めての茨城県の城跡との出会いだったと思う。
 小さい頃、テレビで放映されていた水戸黄門を祖母と見ていた。あの当時は家族揃って見ていたという人も多いと思う。時代劇はまだ娯楽の王道であり、芝居の上手な役者が多かった。徳川光圀は東野英治郎のはまり役となり、旅立つ光圀を引き留める家老役の山野辺兵庫は大友柳太朗という豪華な配役だった。今はもうそんな名優がいなくなり、時代劇は衰退している。
 水戸城はずいぶんとあっさりした城だった。豊臣政権の中でも大身だった佐竹氏の居城であり、江戸時代は御三家水戸藩の居城となった城であるが、名古屋城や和歌山城のような天守は上がらず、簡素な御三階櫓がその代用となっていた。この櫓も他の御三家の居城と同じく太平洋戦争で焼失している。
 土で成り立つ関東の城と言ってしまえばそれまでだが、あまりにも質朴とした雰囲気に改めて驚いたものだった。しかし防御力は高かったように思う。千波湖を天然の堀とした縄張は見事なものである。ひとかけらの石垣もなく土塁と堀切だけで構築された水戸城は関東の城らしさを存分に感じ取ることができた。
 
JR常磐線・水戸線・水郡線・鹿島臨海鉄道「水戸」下車 徒歩5分
 
2005/01/08 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館
関東の城/小学館