別 名
所在地 茨城県東茨城郡茨城町小幡
築城者 小幡義幹
築城年 応永24年(1417)
廃城年 慶長7年(1602)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
評 価
 小幡城は大掾詮幹の三男義幹によって築かれた。百年以上に亘りその居城となったが、天文元年(1532)に江戸忠通に内通した家臣により小幡春信は暗殺され家臣が守る小幡城も落城している。天正18年(1590)に佐竹義宣が江戸氏を滅ぼすと小幡城も陥落し佐竹氏の手に落ちた。小幡城の廃城時期は明らかではないが佐竹氏が出羽へ国替えとなったときに廃城となったと思われる。
小幡城 案内板 堀底道
堀底道 馬出し跡の土塁 櫓台
三の郭跡の土橋 三の郭跡の土橋 土塁
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の井戸
 学生時代の旧友と久しぶりに出会い、僕を入れた3人で茨城県の笠間城を訪れた。関東屈指の名城でもある笠間城の勇姿は城廻りとは縁のない彼らの心を揺り動かしたようで、他の城跡も見てみたいと言われたので、帰り道に少し寄り道をして小幡城へ行くことにした。城好きな人々からはとても評価の高い城で、自分もこの機会にぜひ訪ねたいと思った。車がないとなかなか訪れることができない場所にあるので、この日の訪問はありがたかった。
 風薫る5月でまだ穏やかな日差しと吹き抜ける風が心地よい一日だった。鬱蒼とした雑木林に足を踏み入れると無限回廊のような堀底道が縦横に廻らされている。噂に違わぬというか自分の想像を遥かに上回る見事な遺構で、現役の要塞としても使用できると感じたほどだった。土塁に上がり堀底にいる友人たちを見ると蟻地獄の巣に落ちた蟻のように見える。当時はもっと土塁の法面も急傾斜であるはずだから城内に迷い込んだ敵兵はたちどころに討ち果たされたと思う。誰もいない小幡城で驚嘆したり時に神妙になりつつ遺構を歩いて回るのは幸せだった。見る者を敬虔な気持ちにさせてくれる城である。
JR常磐線「石岡」下車 関鉄グリーンバス「茨城桜本」行で終点下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社・小幡城跡案内板
2008/05/17