福島城
 
別 名
所在地 茨城県笠間市上郷
築城者 小田藤綱
築城年 元中4年/嘉慶元年(1387)
廃城年 元中5年/嘉慶2年(1388)
現 状 吾国・愛宕県立自然公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
備 考
評 価
南尾根 堀切
遠景 獅子ヶ鼻 南尾根 堀切
屏風岩 南尾根 郭 主郭
東尾根 堀切 眺望  
 
 南朝の勢力が小山若犬丸を迎えて立て籠もった難台山城は一度訪れてみたかった。南北朝時代の山城なので遺構には期待できないが、その時代背景に魅力を感じる山城である。遺構の乏しさはこの城が短命に終わったことを如実に示している。岩間駅周辺はほとんど店がなかった。今も少し地方へ行くとコンビニすらない街がたくさんあるが、地元の人たちは普通に暮らしている。そんな光景を見ると都市近郊のコンビニの異常な出店数について考えさせられてしまう。
 南北朝の争乱期に小田五郎藤綱が小山若犬丸を擁立し難台山城を築いたという。その時代の山城は戦国時代とは違い天険の要害を利したものが多いが、難台山城もその例に洩れず手の込んだ遺構は見られない。それはそれで面白く同時代の駿河安倍城や上州寺尾城なども歩いていて楽しく感じた。北朝の軍勢は上杉朝宗を寄せ手の総大将として難台山城を攻めたが容易に落ちない。攻城軍に加わった佐竹勢が糧食を絶つことに成功しようやく難台山城は落城している。あまりにも峻険な山城のため落城以後は他勢力に使われることもなく廃城となったが、そのおかげで今も南北朝時代の山城の姿を見ることができるのはありがたい。
 駅から林道までほとんど一直線なので迷うことはなかった。難台林道と団子坂林道の分岐では舗装された団子坂峠への道を選んだ。岩間駅から峠まではおよそ1時間半かかったが、緩やかな坂なので疲れは感じなかった。峠から城跡までの道のりは長く、急勾配や岩場伝いの場所があるので疲労する。おまけに前日までの雨続きでぬかるみがひどい。悪戦苦闘しながらも峠から45分で山頂へ着いた。
 山頂からの眺望は今ひとつだったが、暑さも寒さも感じないちょうど良い気候だった。ここで弁当を広げてしばらくのんびりしていた。東と西に伸びる尾根にはささやかな堀切がある。案内板や小田五郎の碑は見ていない。碑がある場所も城跡というが、行かなくてもどんなものかは見当がついた。尾根伝いで泉城と愛宕山城へ行くことができるが、あまり無理はせずに岩間駅へ戻ることにした。
JR水戸線「岩瀬」下車 徒歩2時間30分
2018/03/24 日本城郭大系/新人物往来社