福島城
 
別 名
所在地 茨城県桜川市真壁町古城
築城者 真壁長幹
築城年 承安2年(1172)
廃城年 元和8年(1622)
現 状 真壁城跡公園
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
外曲輪 土塁
遠景 本丸 水堀 本丸
二の丸 水堀 二の丸 水堀 二の丸 水堀と土橋
中城 土塁と水堀 外曲輪 虎口 楽法寺 移築門
 
 少し肌寒い秋の日に訪れた真壁城は芝がとても綺麗だった。土塁や郭にたくさんのバッタがいたが、中には都市近郊では見られないような珍しい種類もいて、城跡散策と同じぐらい楽しかったことを思い出す。
 広大な城だが、中心部は体育館が建設されて破壊されている。城跡公園として整備されていたが、ここへ訪れる前から延々と整備事業が続いており、この日も絶えず工事車両が砂塵を巻き上げて走り回るのに辟易した。復元された土塁は角張っていて古城らしさをあまり感じることができなかったが、中には当時のままの土塁や水堀もあって散策は楽しかった。戦国時代に鬼真壁と呼ばれた猛将の居城に相応しい広大な規模には圧倒された思いがした。少し離れた楽法寺には真壁城の門が移築されていた。いかにも城門らしい意匠で、建物がすべて失われている真壁城の姿を多少なりとも想像できる貴重な門だと思う。
 
JR常磐線「土浦」下車 関東鉄道バス「真壁駅」行で終点下車 徒歩10分
 
2009/10/31 日本城郭大系/新人物往来社
真壁城跡案内板