別 名
所在地 茨城県かすみがうら市戸崎
築城者 戸崎長俊
築城年 応仁元年(1467)
廃城年 慶長7年(1602)
現 状 農地・宅地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 かすみがうら市指定史跡
評 価
 室町時代に戸崎氏によって築かれたという。宍倉城の城主を務めていた菅谷氏も戸崎城を治めていた時代があったと案内板には記されている。いずれにしても小田氏の家臣たちによって守られていたようである。弱体化していた小田氏治は佐竹義重の侵攻により領土を侵食され戸崎城も天正元年(1573)に佐竹氏の攻撃により落城している。戸崎氏は佐竹氏に降り戸崎城は飯塚兵部少輔の居城となるが慶長7年(1602)に佐竹義宣が関ヶ原の戦いで西軍寄りの行動をとったため出羽へ国替えとなり戸崎城も廃城となった。
主郭跡 主郭跡の土塁 腰郭
二の郭跡 天神曲輪跡の空堀 戸崎城周辺の風景
 宍倉城を散策しているときは真夏のような陽射しが照りつけて少し面食らったが、戸崎城へ着いた頃は雲が多くなり吹き抜ける風が湿度を払いのけてくれるような感覚になった。宍倉城で友人も自分も干からびたようになってしまい戸崎城へ向かう途中でコンビニに寄り水分補給と軽食を頬張った。祝日だったが行き交う車もほとんどなく時間を要さずに戸崎城の主郭近くまで車で乗りつけることができた。
 城跡は広い台地上に展開しており北端に主郭を置き南に天神と呼ばれる郭と二の郭が並んでいる。主郭と天神を隔てる空堀と主郭を取り巻く腰郭がよく残っているが二の郭の空堀は半ば埋もれていた。台地の南側には中城と外城と呼ばれる区画があるが少し歩いてみたものの宅地が建ち並んでいるだけだった。その家々がいかにも旧家といった風格を備えた家屋ばかりでとても興味深く歩くことができた。あるいは御家中の末裔なのかもしれないなどと思いながら散策するのは楽しい時間だった。
JR常磐線「神立」下車 徒歩1時間30分
日本城郭大系/新人物往来社・戸崎城跡案内板
2019/09/23