別 名
所在地 茨城県小美玉市竹原
築城者 竹原義国
築城年 永禄2年(1559)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 小美玉市指定史跡
評 価
 戦国時代半ばに大掾氏一門の竹原四郎義国が府中城の支城として築いたが、豊臣秀吉に常陸一国を安堵された佐竹氏の領内平定により滅ぼされた短命の城だった。佐竹の大軍相手には短時間で攻め落とされたと思うほど小さな城である。
竹原城 二の郭跡の土塁 二の郭跡の空堀
主郭跡の虎口 主郭跡 主郭跡の土塁
 学生時代の旧友3人で久しぶりに旅をした。笠間城、小幡城を見たあとは羽黒山古墳に車を停め竹原城を訪ねた。茨城県を代表する城跡を見たあとだったので小ぶりな竹原城はどうしても見劣りがした感は否めない。あまり記憶が確かではないが二の郭は果樹園になっていたと思う。案内板の横から竹藪を掻き分けて登ると主郭があるが、びっしりと竹に覆われている様子は鉄格子の中にいるようだった。
JR常磐線「石岡」下車 関東鉄道バス「水戸」行で「竹原」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・竹原城跡案内板
2008/05/17