別 名
所在地 茨城県古河市古河
築城者 下河辺行平
築城年 平安時代末期
廃城年 明治4年(1871)
現 状 河川敷・宅地・農地
遺 構 土塁・水堀
移築建造物 門・蔵
再建建造物
史跡指定
評 価
 平安の昔に下河辺行平が古河城を築いたと伝わる。室町時代に下河辺氏は小山氏に古河城を追われ野田右馬助が城主となる。鎌倉公方と上杉氏との間に軋轢が生じた康正2年(1455)に足利成氏は鎌倉を追われて古河を本拠地とした。このときの居館は古河城の南にある鴻巣館であるが上杉氏に備えるために古河城を改修している。河越城の戦いで古河公方足利晴氏は扇谷上杉氏と山内上杉氏との連合で北条氏と戦うが敗れたために関東の情勢は大きく転変し弘治元年(1555)に北条氏康に擁立された足利義氏が古河公方となった。ここに古河城も北条氏の支配したに置かれることとなる。天正18年(1590)に北条氏が滅ぶと古河城は徳川家康の家臣小笠原秀政の居城となり、関ヶ原の戦いの翌年には松平康長が2万石の城主となった。江戸時代を通じても日光街道の要衝として重視され幕末まで存続した。
乾門 乾蔵 諏訪郭跡の土塁と水堀
観音寺郭跡の土塁 観音寺郭跡の土塁 観音寺郭跡の獅子ヶ崎土塁
桜町郭跡の土塁 頼政郭跡の土塁 百阮x跡
 関東の要衝として栄えた古河城も渡良瀬川の付け替えによって大半が水没し中心部も河川敷となってしまった。古河はそれほど遠くないので何度か訪れているが結局は堤防を歩くだけで終わる。関東を代表する要害の面影を探ろう残存する土塁や堀の痕跡をたどってみたが何度訪れてもやはり物足りなさが残る。
 わずかな慰めは城門や蔵に武家屋敷が残ることと古い街並みが随所に残っていることだった。諏訪曲輪の土塁と水堀は唯一城跡らしさを感じることができる場所だったが古河歴史博物館の建設で単なるモニュメントのようになっている。国土地理院で明治時代の迅速則図を見ると廃城当時の姿を保つ古河城を見ることができる。
JR東北本線「古河」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館・関東の城/小学館
2002/02/08・2009/12/21