別 名 岡見城
所在地 茨城県牛久市城中町
築城者 岡見頼勝
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 元和7年(1621)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 牛久市指定史跡
評 価
 戦国時代に小田氏の一族岡見頼勝が築いた城で小田氏が弱体化すると岡見氏は独立した勢力となるが、多賀谷氏の攻勢に対抗するため北条氏との連携に踏み切るが同盟というよりも従属といっていい関係で牛久城も北条氏が派遣した軍勢が駐屯する番城となった。天正18年(1590)に北条氏が滅び豊臣秀吉の天下が到来すると牛久城には新田金山城を召し上げられた由良国繁が5千石で入る。江戸時代初期に由良氏は無嗣断絶し山口重政が1万5千石で入封したが重政は広大な城域の一画に陣屋を構えて政務を執った。
牛久城 大手跡の空堀 三の郭跡の虎口
三の郭跡の虎口 三の郭跡 三の郭跡の土塁
二の郭跡の空堀 二の郭跡の虎口 二の郭跡の土塁
主郭跡の土橋 主郭跡 牛久沼の夕景
 昔の牛久城は竹林に覆われて手がつけられないほどだった。鬱蒼と生い茂る竹林はまるで鉄格子のようで前にも横にも移動できないほどだったが最近は竹が伐採されて夏でも歩けるようになった。総構を持った広大な城域を誇る城だが中心部以外の大半はまだ雑木林のままとなっている。
 城の遺構はとても見事なもので巨大な土塁と堀に目を奪われた。岡見氏の居城だった牛久城だが戦国時代末期には北条氏の手が加わっている。主郭の一部は崩落してしまったようだが二の郭と三の郭は健在でどちらも美しい空堀に目を奪われる。特に虎口と土橋が綺麗に残る部分はとても見応えを感じた。遺構も見事だが牛久沼周辺の自然景観が印象深い。12月の寒い朝にウラギンシジミが翅を温め沼沿いの草むらからはノウサギが顔を覗かせていた。
JR常磐線「牛久」下車 市内循環バスで「根古屋」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社
2008/12/07・2015/12/19