福島城
 
別 名
所在地 茨城県桜川市松田
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
空堀
標柱 土塁 土塁と空堀
 
 うららかな春の陽射しと心地よい程度の風を受けながら、牧歌的な風景を残している桜川市を歩く。羽黒山城へ登ったあとの予定は何も計画していなかった。疲労も考えて平地の城館を訪ね歩くこととし、水戸線の線路を挟んで南側にある松田城へ向かった。
 平坦な道を歩くのは退屈だが気持ちがいい。筑波おろしが吹きつけるために多少の肌寒さは感じたが、1月から2月のような凍てつくほどの寒さではない。のんびりと春の訪れを感じながら歩きつつ、目印とした岩瀬日大高校まで来た。畑ごしに遠目でも土塁がよく見える。問題は遺構のある場所までの道だった。畑を横切るわけにもいかず、少し集落の中で右往左往したが、民家の脇から続く道を歩くと土塁のある場所へと着いた。松田城はほとんど破壊されてしまい全容がわからない。全体からすればひと握りの遺構だが、土塁の規模は大きかった。土塁は二重となり大きな空堀が残っている。朽ちかけた標柱が倒れていたので元通りにして松田城を後にした。
 
JR水戸線「羽黒」下車 徒歩15分
 
2018/03/02 日本城郭大系/新人物往来社