福島城
 
別 名
所在地 茨城県石岡市総社
築城者 大掾詮国
築城年 正平元年/貞和2年(1346)
廃城年 正保2年(1645)
現 状 石岡小学校
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 石岡市指定史跡
備 考
評 価
三の丸 土塁
石碑 三の丸 土塁 土塁と常陸国府跡碑
 
 この日は雨が降っていた。土浦城と木田余城を歩いていたときは雨脚が強かったが、石岡駅から府中城まで歩いた頃には雨は上がった。府中城は文字通り常陸国府が置かれた場所である。大掾氏が佐竹氏に滅ぼされると佐竹義宣の弟義尚が城主となり、佐竹氏が出羽へ移封されると六郷氏が府中藩主となった。皆川氏が断絶すると廃藩となったが、松平氏2万石の陣屋が置かれ明治維新まで続いているから、古代より常陸国の中心として栄えてきた場所ということになる。今はごく普通の地方都市となっているが、静かで良い土地だと思った。
 
JR常磐線「石岡」下車 城跡までは徒歩15分
 
2006/01/14 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館