別 名
所在地 茨城県那珂市北酒出
築城者 佐竹助義
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 佐竹秀義の子八郎助義は奥州征伐で軍功を挙げ北酒出に領地を与えられ北酒出氏の祖となった。同じ台地続きには兄義茂が築いた南酒出城がある。佐竹一門が太田城を守るべく築いた城館のひとつであるが、助義は承久の乱で活躍したことで美濃へ赴任したため北酒出城はほとんど未完成のまま廃城となったらしい。そのため遺構は残ることがなく城が築かれた場所も定かでなくなっている。
北酒出城 駒形神社 駒形神社の案内板
 南酒出城の見事な遺構を存分に味わったあとなので北酒出城はかなり分が悪かった。東の田園地帯から遠目に眺める北酒出城は台地先端の城跡らしい地形に見えるが確かに遺構は痕跡すらも残しておらず、それらしい場所に塚のような盛り上がりがあるだけだった。南には駒形神社があるが、南酒出義茂が宇治川合戦で失った愛馬の慰霊のために創建したということが神社の由来に記されていた。
JR水郡線「南酒出」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・茨城の古城/筑波書林
2019/04/01