福島城
 
別 名 亀城
所在地 茨城県土浦市中央
築城者 今泉三郎
築城年 永享年間(1429〜41)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 亀城公園
遺 構 門・郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 東櫓・西櫓
史跡指定 茨城県指定史跡
備 考 続日本100名城
評 価
本丸 太鼓櫓門
水堀 前川門 霞門
二の丸 土塁 本丸 東櫓 本丸 西櫓
本丸 土塁 本丸 土塁 浄真寺 土塁
 
 小雨が降りしきる土浦城は人の姿もまばらで落ち着いた雰囲気だった。中心部が亀城公園として保存されている以外はほとんど破壊されているが、浄真寺に残る土塁は見事な遺構だった。亀城公園には太鼓櫓門と移築された門も残り、櫓も復元されているので見所は豊富だった。
 土豪の今泉氏が築いた土浦城は小田氏に奪われ、小田氏滅亡後は徳川家康の次男結城秀康の持ち城となった。江戸時代を通じてほとんど期間を譜代と親藩大名が領主となっているが、この時期に土浦城は拡張されたと思われる。
 少し埃っぽくなった感じが曇り空とよく調和していた。水堀に映る櫓の姿は美しく、散策を楽しむにはちょうど良い城跡だと思う。堀に浮かぶ姿を想像するのは少し難しいが、静かで綺麗な城跡だった。
 
JR常磐線「土浦」下車 城跡までは徒歩15分
 
2006/01/14 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館
関東の城/小学館