別 名 亀城
所在地 茨城県土浦市中央
築城者 今泉三郎
築城年 永享年間(1429〜41)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 亀城公園
遺 構 門・郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
評 価
 土豪の今泉氏が築いた土浦城は永正13年(1516)に小田氏に奪われ重臣菅谷氏の居城となった。上杉謙信や佐竹義重に小田城を何度か落とされた小田氏治は土浦城へ逃れたが天正13年(1583)に佐竹氏の攻撃を受けて降伏している。旧領回復を狙う氏治は北条氏と結び再起を図るが天正18年(1590)に豊臣秀吉の小田原征伐で所領を没収され大名としての小田氏は滅んだ。戦後の土浦城は徳川家康の次男結城秀康の持ち城となり江戸時代の大半を譜代と親藩大名が城主を務めた。その中で幕末まで土浦城主を務めた土屋氏がいる。遠祖は相模中村党で戦国時代には武田信玄の全盛時代を担った土屋右衛門尉昌次を輩出した名族である。武田氏が滅んだ後の土屋一族は徳川家康に召し出され幕臣となった。寛文2年(1662)に土屋数直が土浦藩主となり駿河田中藩を務めたあと再び土屋氏が土浦藩主へ返り咲き幕末へ至った。もう遠い時代となってしまった昭和の頃に自分の祖母の友人で土屋さんという方がいた。もう70歳半ばを過ぎたお爺さんだったが土浦藩主土屋氏の末裔であった。当時の自分は高校生でややもすると人見知りしていたので挨拶ぐらいしか交わさなかったが、もっといろいろと土屋氏のことを聞いておけばよかったと後々まで後悔したものだった。
水堀 前川門 霞門
二の丸跡の土塁 本丸東櫓 本丸西櫓
本丸跡の土塁 本丸跡 浄真寺跡の土塁
 小雨が降りしきる土浦城は人の姿もまばらで落ち着いた雰囲気だった。中心部が亀城公園として保存されている以外はほとんど破壊されているが浄真寺に残る土塁は見事な遺構だった。亀城公園には太鼓櫓門と移築された門が残り櫓も復元されているので見所は豊富である。
 少し埃っぽくなった土浦城はこの日の曇り空とよく調和していた。水堀に映る櫓の姿は美しく散策を楽しむには良い城跡だと思う。戦後のキティ台風で西櫓は破損し解体されたが平成の時代に旧材で復元されている。市街化により水堀に浮かぶ亀のような姿を想像するのはもう難しいが静かで綺麗な城跡という印象を強く持っている。
JR常磐線「土浦」下車 城跡までは徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館・関東の城/小学館
2006/01/14