福島城
 
別 名 栗山城
所在地 茨城県つくばみらい市城中
築城者 岡見信即
築城年 元中8年/明徳2年(1391)
廃城年 天正15年(1587)
現 状 城中八幡神社
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
空堀
土橋 土塁 土塁
土塁 土塁
 
 晴れた日だったが、北風が強く寒い一日だった。そんな日に岡見氏の居城であった足高城を訪ねた。戦国時代末期に佐竹氏と手を組んで勢力拡大を推し進めた多賀谷氏によって落城している。このときに廃城となったと思われるので、今も残る遺構は岡見氏時代の姿をそのまま留めていると言えるだろう。
 少し駆け足で訪れた感があり、台地の奥までは見ていない。そのため足高城の全貌はわからないが、城中八幡神社の境内を中心にして土塁が点在していた。部分的にはよく残るが、ひとつの線でつなげることができないためにはっきりとしたイメージが湧かなかった。この城は再訪して凝視してみたいと思う。
 
JR常磐線「藤代」下車 関東鉄道バス「自由が丘団地」行で「城中」下車 徒歩5分
 
2009/01/10 図説茨城の城郭/図書刊行会・牛久市史