別 名 中舘
所在地 茨城県筑西市中舘
築城者 伊佐実宗
築城年 天永2年(1111)
廃城年 興国4年/康永2年(1343)
現 状 観音寺・宅地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
評 価
 伊佐城は奥州伊達氏の先祖が築いた城という。伊達氏は成り上がり大名ではないが祖先については島津氏や毛利氏と同じでやや曖昧な面もあると思う。栃木県真岡市の中村城も伊達氏の先祖が居城とした伝承があるようにその出自はよくわからない。江戸時代まで続いた諸侯の中でも胸を張ってその血筋を誇ることができたのは佐竹氏ぐらいだろう。南北朝の頃には南朝に味方した伊達行朝が城主であり関城や大宝城などと連携して北朝の攻勢に備えていたが、康永2年(1343)に友軍の城が次々と落城し関城にいた北畠親房も脱出すると行朝も伊佐城を捨てて奥州へ逃れたという。この城も南北朝の争乱期で役割を終えていると思われる。
伊佐城 土塁 土塁
土塁 堀切 伊達行朝の供養塔
 爽快な青空が広がる秋の一日は真岡鉄道と関東鉄道常総線を乗り継いでの城館探訪となった。下館までは水戸線に乗り帰りは守谷からつくばエクスプレスという茨城県内の鉄道を乗り尽くす旅となった。茨城県は南朝贔屓であり南朝が拠点とした伝承が残る城のほとんどが史跡指定され大切にされ戦前の皇国史観に強い影響を受けていたことがわかる。
 伊佐城の遺構はそれほどでもなかった。観音寺の北に古墳のような土塁があり参道沿いにも土塁が残っている。これが伊佐城の遺構であるとするなら参道は堀跡だったのだろう。自分も南朝贔屓なので遺構はともかく訪れることで十分満足ができた。南北朝時代の城跡はあっさりとした造りが多く目で感じる面白味は少ないが太平記などに描かれる時代背景を思い浮かべながら歩くと思い入れが深まる。
真岡鉄道「折本」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2016/10/07