別 名
所在地 茨城県筑西市樋口
築城者 水谷正村
築城年 天文14年(1545)
廃城年 元和元年(1615)
現 状 久下田城跡公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
評 価
 久下田城は天文14年(1545)頃に水谷正村が築いた。北関東の武将たちから恐れられた猛将である正村だが主君の結城氏に対しては終始一貫して忠実な部将として仕えている。負け知らずの猛将とまで言われて関東地方をそれこそ東奔西走で戦った武将であり実際に合戦には強かった。天正18年(1590)に豊臣秀吉が北条氏を滅ぼした後、結城氏は徳川家康の実子で秀吉の養子となった秀康を後継者として貰い受けることとなり正村は秀吉から独立した大名として遇されている。この頃には隠居して蟠龍斎と名乗り弟勝俊に家督と下館城を譲り自らは久下田城を隠居城として慶長元年(1596)に死去した。正村の夢の跡である久下田城は元和元年(1615)に一国一城令により廃城となった。
久下田城 水堀 本丸跡
本丸跡の櫓台 本丸跡の土塁 本丸跡の土塁
二の丸跡 二の丸跡の空堀 二の丸跡の空堀
 水谷正村は蟠龍斎の名で知られる。戦上手として知られ関東にその武威を轟かせた名将だった。小領主ながら大国の宇都宮氏相手を悩ませた戦いぶりや駆け引きの上手さなどは真田昌幸と通じるものがある。全国的な知名度は低いが北関東の戦国史を語る上では欠かせない蟠龍斎の居城を訪ねてみたいと思った。
 10月初旬の早朝に降り立った久下田駅はひんやりとした空気に包まれていた。突き抜けるような秋の空を眺めながら久下田城へと歩いた。駅からはやや迂回を強いられるがそれほど遠くはなかった。城跡公園とは名ばかりで整備されることもなく錆びついた遊具や朽ちかけた東屋が寂しげに置かれている。草が生い茂る堀底に下りたり土塁を歩いてみたりして雰囲気を楽しんだ。合戦に勝利して凱旋した蟠龍斎がここで勝利の宴を祝ったのだろう。主郭跡に佇みそんなことを考えながら久下田城をあとにした。
真岡鉄道「久下田」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・久下田城跡案内板
2016/10/07